CpawCTF勉強会でWebの話をした

Picture of Proの中の人こと ぱろっく先生 と共に,CpawCTF勉強会のお手伝いした. ぱろっく先生から,Webの話をして欲しいと言われ,弱小な人間ながらも発表を行った. CpawCTF勉強会では,CTF4bより簡単な内容を行うという事を前提で話を作るように言われていたので,Webでは CTF以前の知識 に注目して作成した. CTF4bの資料は度々見ており,CTF4bでは脆弱性を利用することに注視して演習等も組まれていたので,何故そうするのか,何故その必要があるのかを気付けるようにスライドを作成した. また,Web開発に関する話も含めて行ったのだが,逆にそれがちょっとややこしく感じた人もいたらしく「難しかった」との意見もあった. 今後また勉強会を行うのか,またWebの話をするのかは不明であるがそういった意見も反映し対策できればと思う. スライドは以下の通りである. »

Uasaha as a Service

概要 ちょぼらうにょぽみ先生が「乖離性ミリオンアーサー」のアプリ内で連載していらっしゃる「弱酸性ミリオンアーサー」の13話を最大化したうえで無限ループするやつです. 13話はひたすらウアサハと呼ばれるキャラクターが「びょん」を何度も言いながらジャンプする奴でジャンプするお話です. エンディングに関しても「びょん」だけというものであり,中毒性も極めて高いです. 弱酸性ミリオンアーサーは1分30秒という短さのため,プログラミング等のために作業用BGMとすることが難しいです. この,Uasaha as a Service(UaaS)はその問題を解決し,動画を無限ループかつ画面いっぱいに広げて再生します. 使い方 次のリンクを右クリックしてブックマーク等で保存して,必要になった時にクリックしていつでもお楽しみください. »

archlinux.orgに寄付した

先日のあーちのほん,買われた方大変有難うございました. 宣言通り,ArchLinuxへの寄付を行いました.一応内訳です. 価格 300円(200円 + 印刷代100円) 頒布総数 20冊 金銭を伴う頒布 16冊 寄付金額 200円 x 16冊 = 3200円(約28ドル) (もう別の場所で本名載ってるので隠しません) というわけで,28米ドルをArchLinux.orgに寄付しました. ちなみに,paypalで支払えず,またプリペイドなクレジットカードでも支払いが出来ないため, »

「あーちのほん」を頒布した

C89でスペースに来ていただいた方は大変有難うございました. どうやら,午前の段階で売り切れてしまったらしく,買えなかった方は大変申し訳ありませんでした. うーん,技術島だし15刷ったら充分足りると踏んでいたのですが,全然足りなかったみたいで大変申し訳無かったです. さて,本文中には2016/2/1にPDFを無料で公開すると書いたのですが手に入れられなかった方もいらっしゃるであろうという希望観測もあるので,本日より無償公開したいと思います. 本文のPDFは以下よりダウンロードが出来ます. あーちのほんPDF なお,このドキュメント(あーちのほん)はArchLinuxのロゴを除けば「クリエイティブ・コモンズ 4.0 表示」にさえ従ってもらえれば,自由に利用していただければと思う. 2016/ »

あーちのほんを頒布する

表題の通り. あーちのほん、製本完了しました!! pic.twitter.com/AAojW5wqmt— Nomuken (@nomuken) 2015, 12月 30 消えてしまったブログで,高速にインストールする記事を本として作ると決定した. そして,今日徹夜し執筆しながらコミケに参加し,かつ忙しい@wakamesoba98氏を秋葉原に呼び出し,製本作業を行い完成した. SobaChaの方も追加分製本完了 pic.twitter.com/LcZi4EbaTU— »