セキュリティキャンプ全国大会 2016に参加していました

表題の通り.今回はネットワーク専属チュータをやっていました. 今回技術的な事のまとめは,関係各所に確認しまた後ほど記事として公開したいと思います. 0日目 千葉のSEGAにはDIVAがあるぞ! pic.twitter.com/UAU71qP0Iq— 涼風 青葉 (@nomuken) 2016年8月8日 今回はチュータなので前日入りしてました. セキュリティキャンプに向けて近くのSEGAにあるProject-DIVAをプレイしてました. 技術的な作業の前に可愛い物を摂取することは極めて重要であり,それが可能な限り長いほうが良いことは多くの方がご存じであると思います. 4曲ほどプレイしましたが,キャンプ前ボーナスだからといって特にハイスコアは得られませんでした. この日は基本的に構内を走り回って作業をしておりました. 必要なもの等々を随時同じネットワークチュータであるゆったん氏と話し合い,事務局の人に確認し調達するお仕事をしていました. この辺からタスク管理に,協賛企業様からのノベルティであった付箋を利用し管理していました. »

第11回情報危機管理コンテストに参加した

はじめに 表題の通り. 「危機管理」ということで,それらの問題に注目した記事を参加中に記述したため,気になる方は以下より読んでほしい. 第11回情報危機管理コンテストの決勝に来ている (1日目に書いた記事) 第11回情報危機管理コンテストの大会に出場した (2日目に書いた記事) この記事では,より全般的なことを書いていきたいと思う. 1日目 来ました pic.twitter.com/ZIljzWXXiB— Nomuken (@nomuken) 2016年5月18日 東京(羽田)から白浜までは,飛行機を利用することとなった. »

第11回情報危機管理コンテストの大会に出場した

はじめに この記事は昨日に引き続き,情報危機管理コンテストについて書きたいと思う. 先日の直面した事象の記事も運営の皆様に共有されたとのことで,申し訳ないなと感じている. とはいえ,なんちゃらキャンプでアウトプットは極めて重要と仰せつかっているので,大会に参加した今の記事を書いてみようと思う. インシデントレスポンス 本日は決勝大会当日ということで,実際に(模擬的ではあるものの)インシデントのレスポンスを行った. 以下は,発生したインシデントと,チームとしてのレスポンスである. 案内があやふやでどうすれば良いのかがわからない 運営を信じないをモットーに動いた 実際に大会の時間は10時ではなく,その10分前から開始した チームでは連日の近似するインシデントから,開始前にコーヒーを買いに行ったもののすぐに競技部屋に戻り待機し対応した. 説明が冗長 ご丁寧に多くのお話を頂いた. FaceBookでそれはヒントとのご意見も頂いた.無論理解している. »

第11回情報危機管理コンテストの決勝に来ている

はじめに コンテスト参加に関して中々に話のネタになると思うので,直面した事象を私のツッコミと共に列挙していこうと思う. あくまで個人の感想として受け止めていただければと思う. 直面した危機 現在は決勝に参加させていただけるとのことで,白浜にいる.まだ競技は行っていない. 支給された交通費が足りない 支給されているだけありがたいのですが…… 足りない分は研究室で出してもらえました 案内があやふやでどうすれば良いのかがわからない 例えば,会場到着後にどこ集合なのかついて言及されていない 参加の案内がリーダーにしか届かない リーダーから共有してもらった レギュレーションの説明不足 当日の掲示されているポスターで「どのような資材を持ち込んでもよい」との記述がされており,到着して初めて知った 到着したあと,運営の方に「君たちのボスに花を持たせないと〜」と言われる 激励のつもりだったのだろうか »

CpawCTF勉強会でWebの話をした

Picture of Proの中の人こと ぱろっく先生 と共に,CpawCTF勉強会のお手伝いした. ぱろっく先生から,Webの話をして欲しいと言われ,弱小な人間ながらも発表を行った. CpawCTF勉強会では,CTF4bより簡単な内容を行うという事を前提で話を作るように言われていたので,Webでは CTF以前の知識 に注目して作成した. CTF4bの資料は度々見ており,CTF4bでは脆弱性を利用することに注視して演習等も組まれていたので,何故そうするのか,何故その必要があるのかを気付けるようにスライドを作成した. また,Web開発に関する話も含めて行ったのだが,逆にそれがちょっとややこしく感じた人もいたらしく「難しかった」との意見もあった. 今後また勉強会を行うのか,またWebの話をするのかは不明であるがそういった意見も反映し対策できればと思う. スライドは以下の通りである. »